更新日 : 12/01/2015
 
   介護保険課  課の新着情報 各課のページ 
 
認知症初期集中支援チームを設置しました

  認知症初期集中支援チームを設置しました
 
 認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けられるように、複数の専門職がチームとなって、ご本人およびその家族に対する支援を集中的に行い、自立生活のサポートを行うため、認知症初期集中支援チームを平成27年12月1日に設置しました。
                                                             
  認知症初期集中支援チームとは
 
 認知症初期集中支援チーム員は、保健師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、介護福祉士等の医療、保健または福祉に関する国家資格を有する専門職、及び専門医で構成されます。
 三木市では、三木市医師会の連携のもと、大村病院にご協力いただき、三木市中央地域包括支援センター職員と大村病院の専門職、専門医とでチームを構成します。

                                                     
  支援の対象となる方
 
 40歳以上で自宅で生活をしている、認知症の方や認知症が疑われる方で、
  
  ・認知症の診断を受けていない、または治療を中断している方
  ・必要な医療サービスや介護サービス等を利用していない方
  ・認知症による症状が強く対応に困っている方       など
                                             
  支援の流れ
 
 1. 本人やご家族、近隣の方等の相談を受け、認知症初期集中支援チーム員が自宅を訪問します。
   *医師以外のチーム員が訪問します。

 2. 初期集中支援チームが今後の支援調整を検討、助言を行います。
    
    ・医療機関への受診や調整
    ・必要な医療や介護サービスの検討
    ・認知症の症状への対応やアドバイス

 3. 6か月程度を目安に支援を実施し、ケアマネージャーやインフォーマルサービス等へ引き継ぎを行ない、
   初期集中支援を終了します。

 相談・問い合わせ先
 
 三木市中央地域包括支援センター 電話 0794-89-2337
                                

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.