更新日 : 08/07/2017
 
   こども未来部 学校教育課  課の新着情報 各課のページ 
 

            
              採  択  理  由  書

教科名
道徳
発行者
番 号
発行者
略 称
記号・番号
教 科 書 名
116
日文
136 137
236 237
336 337
436 437
536 537
636 637
小学道徳生きる力
道徳ノート
(採択理由)

【内容】
    いじめ問題については、関連する資料を多く取り扱っている。中学年では、話し合い活動に発展させることができる。高学年では、多面的・多角的に考えることができる。
・道徳的しかけのあるものが多い。
    ・茶道や和太鼓などの伝統文化を取り扱っており、郷土への誇りや文化の尊重につなげるにふさわしい。
    ・情報発信の仕方について考える資料があり、いじめの未然防止につなげることができる。
【形式】
冒頭に、話のあらすじや登場人物の絵が入っており、内容をつかみやすい。
・写真が大きく、情景を捉えやすい。
    *別冊ノートの使用については、子どもの思考が画一的にならないように留意し、柔軟に対応する。


    以上、多くの優れた点があり、北播磨地区の児童の実態に即し、適している。


  第2回 平成29年度北播磨採択地区協議会 議事録

日 時   平成29年7月14日(金)14:00〜15:30
場 所   コミュニティセンターおの 306号室
出席者   北播磨採択地区協議会会長
      北播磨採択地区協議会事務局  
      委員:規約第5条第1項第1号〜5号
調査員             

1 開会・挨拶等(14:00)
   開会   北播磨採択地区協議会事務局 
   挨拶   北播磨採択地区協議会会長
   自己紹介 委員(規約第5条第1項第1号)代行
        元委員の辞職により、職務代行者として出席。
            
2 説明(14:10)
   北播磨採択地区協議会事務局
「平成30年度使用小学校教科用図書(道徳)採択に係る資料」に沿って説明。
各発行者について、調査員による調査結果の概要を説明。(様式1)
調査員による調査結果により、採択候補3者に絞られた発行者を説明。(様式2)

3 調査員説明(14:50)
   委員からの質問に回答
    「東書」に関する報告書 「実話が多く、価値が一つに収束しない。」について説明
   ・実話が多く、「道徳的仕掛け」が少ないため、児童が多方面から考察できない。
    例)6年生 P.34 P.50 P.84 P.106 P.115
・「道徳的仕掛け」とは、ある出来事中のきっかけにより道徳的な心情になる仕掛けである。
・多方面からの考察とは、愛・勇気・生命尊重・感謝等からの考察である。
     ・「良い話=道徳的な教科書」ではない。
     ・心情が多く書いてあること、資料が詳細過ぎることは、道徳の教科書としてはふさわしくないと考える。
・資料は、あくまで思考のための媒体である。

委員からの質問に回答
    「日本文教出版」に関する報告書 「いじめ問題を多く取り扱っている」について説明
   ・5年生「名前のない手紙」、6年生「情報発信」、「わたしのせいじゃない」等、いじめ
    問題についての教材を多く取り扱っている。
    また、いじめを未然に防止するための心の教育を取り扱っている教材も豊富である。

委員からの質問に回答
    「日本文教出版」に関する報告書 「別冊ノート」の判断について説明
   ・別冊ノートは、あくまでも参考とした。
調査において別冊ノートを判断材料とはしていない。
    資料を重視し、児童の成長を促すことを考慮して調査を行った。
4 調査員報告(15:20)
   調査により、採択に最も好ましい教科書は、「日本文教出版」である。

5 委員検討(15:25) 
   異論なし。
   北播磨採択地区協議会は、道徳の教科書として「日本文教出版」を採択することに決定。

6 閉会(15:30)
   閉会 北播磨採択地区協議会事務局
Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.