更新日 : 01/13/2016
 
   健康増進課  課の新着情報 各課のページ 
 
不育症助成事業のご案内

(平成24年7月から)
       
 三木市では、不育症の検査・治療を受けられたご夫婦に対し、経済的な負担の軽減を図るため、治療費等助成事業を行っています。
 また、平成28年4月から所得制限を撤廃し、助成対象者を拡大しています。

        
 申請予定のある方は、事前にご連絡をお願いします。手続き方法等についてご説明します。    
     
助 成 対 象 者
(すべての事項に
該当する方)
       
 @不育症の診断・治療を受けていること。
 A法律上の夫婦であり、助成対象者が治療期間及び助成申請の
  時点で三木市民であること。
 B対象者及びその夫に市税の滞納が無いこと。
 C医療保険に加入していること。 
 D助成を受けようとする不育治療の治療費等において、他の自
  治体(兵庫県を除く)から助成を受けていないこと。
         
助成額
         
 1対象者1年度当たり15万円を上限に助成する。ただし、助成申請の上限は、通算10年度とする。
 医療保険適用の検査・治療も、その自己負担分を対象経費と認める。
              
対象医療機関
              
 一般社団法人日本生殖医学会が認定する、生殖医療専門医の所属する医療機関
 ※その他の専門医により不育症の検査・診断を受けた費用も
  認める場合があるのでご相談ください。
             
申請書の配布
及び受付
         
 三木市健康福祉部健康増進課 
  三木市大塚1丁目6−40 三木市総合保健福祉センター
           
受付期間
          
 治療期間の属する年度に申請することを原則とする。
(医療機関の証明書を取得後、速やかに申請してください)
               
申請関係書類
           
 @三木市不育症治療費等助成申請書
 A指定医療機関の発行する不育治療実施証明書(領収書添付)
 B医療保険証の写し(2人分)
 C三木市内に住所を有する法律上のご夫婦であることを証明す
  る書類(続柄が記載された住民票の写し等)
 D納税証明書(市税2人分)
  ※4〜7月に申請の場合は前年度の証明書
                 

        【問合せ先】
         三木市健康増進課           
         (三木市総合保健福祉センター内)
          рO794−86−0900     
                                
     
     

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.