更新日 : 04/07/2014
 
   金物資料館  課の新着情報 各課のページ 
 
鋸の名匠が鍛えた日本刀が寄贈されました。
 この日本刀は、三木の鋸鍛冶の名匠である初代宮野平次郎元吉(もときち)から数えて
3代目となる鋸鍛冶宮野平次郎胤吉(たねよし):明治34年〜昭和47年)が昭和20年6月に製作したものです。
 3代目平次郎(胤吉)は、初代平次郎が開発した鋸と刀剣の古式鍛錬の優れた技法を脈々と
受け継ぎ、大阪陸軍造兵廠造刀の最初の「刀匠」を拝命しました。
 鋸の名匠が製作した貴重な資料として、三木市立金物資料館で永く保存展示いたします。
       
   刀 銘:「宮野平次郎国吉」
   刃 長:66.6cm(全長:96cm)   反 り:1.5cm





Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.