更新日 : 03/30/2018
 
   健康増進課  課の新着情報 各課のページ 
 
健康・医療ガイド
 
TOP
部門別へ戻る
便利帖へ戻る
子宮頸がん予防(HPV)の予防接種<430> 予防接種
  
  
 


 子宮頸がん予防ワクチン
  

     子宮頸がんの原因は性的接触によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV)です。
    そのため、ワクチンを受けてウイルスの感染を防げば、子宮頸がんの一部(16型と18型
    の感染による子宮頸がん)を防ぐことができると考えられています。
     しかし、HPVワクチンについては、接種後に出現する広範な疼痛、運動障害について
    現在専門家の間で検討中であり、積極的にお勧めすることを一時的にやめています。
    
  
  
  *ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)については、
        厚生労働省のホームページをご覧ください。
  
  
      定期接種対象者
 
対象者
 
 小学6年生〜高校1年生相当の女子
 
接種回数
  
 3回  ワクチンのタイプにより接種回数が異なります
 
接種方法
  
 ・サーバリックス(2価)
  1か月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から
  6か月の間隔をおいて1回接種
 
 ・ガーダシル(4価)
  2か月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から
  6か月の間隔をおいて1回接種
 
費用等
  
 接種費用は無料。
 協力医療機関に予約のうえ接種してください。
  
   
         ※平成25年6月から積極的な勧奨は差し控えられています。接種を希望
          される場合は、主治医とご相談ください。
         ※予診票の個別配布は行っていませんので、接種される方は母子健康手
          帳を持って健康増進課までお越しください。
  
  
 
          協力医療機関   →  H30 医療機関リスト.pdf   
 

お問い合わせ先
健康増進課
(三木市総合保健福祉センター内)
TEL
0794-86-0900
E-mail

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.