更新日 : 08/18/2015
 
   介護保険課  課の新着情報 各課のページ 
 
福祉ガイド 
TOP
部門別へ戻る
介護保険料の額  <394>                   介護保険
          平成27年度の介護保険料 

 平成27年度から平成29年度までの第6期介護保険事業計画に基づき、第1号被保険者(65歳以上の方)の介護保険料を決定します。
           
   
 三木市の基準額 62,400円(年額)/5,200円(月額) 
  
          
 介護保険料は、介護サービスにかかる費用などから算出される基準額をもとに、本人及び世帯員の前年中の所得に応じて設定されています。
  あなたの平成27年度の1年間(4月から翌年の3月分まで)の介護保険料を「介護保険料決定通知書」によりお知らせします。
 介護保険料決定通知書は7月中旬に郵送しておりますので、封筒に納付書が入っている方は、指定納期限までにお近くの金融機関でお支払ください。年金からの天引きの方には、圧着ハガキで天引き額をお知らせします。
 もし、7月20日頃までに決定通知書が届かない方は、介護保険課までお問い合わせください。
 また、平成27年7月から翌年3月までに65歳になられる方や転入された方の介護保険料は、65歳になられた月や転入された月、またはその翌月に「介護保険料決定通知書」を郵送してお知らせします。
 なお、平成27年度の介護保険料は以下のとおりです。
 平成29年度からは、第1段階から第3段階までは、括弧書きの保険料率及び年間保険料になる見込みです。
 
保険料段階
対象者
保険料率
年間保険料
第1段階
生活保護受給者、世帯全員が市民税非課税の老齢福祉年金受給者、世帯全員が市民税非課税で前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方
基準額×0.45
(基準額×0.30)
28,080円
18,720円
第2段階
世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超え120万円以下の方
基準額×0.75
(基準額×0.50)
46,800円
(31,200円)
第3段階
世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円を超える方
基準額×0.75
(基準額×0.70)
46,800円
(43,680円)
第4段階
市民税課税世帯であり、本人が市民税非課税で本人の前年合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円以下の方
基準額×0.90
56,160円
第5段階
市民税課税世帯であり、本人が市民税非課税で本人の前年合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円を超える方
基準額×1.00
62,400円
第6段階
本人が市民税課税で、合計所得金額が120万円未満の方
基準額×1.20
74,880円
第7段階
本人が市民税課税で、合計所得金額が120万円以上190万円未満の方
基準額×1.30
81,120円
第8段階
本人が市民税課税で、合計所得金額が190万円以上290万円未満の方
基準額×1.50
93,600円
第9段階
本人が市民税課税で、合計所得金額が290万円以上400万円未満の方
基準額×1.70
106,080円
第10段階
本人が市民税課税で、合計所得金額が400万円以上600万円未満の方
基準額×1.75
109,200円
第11段階
本人が市民税課税で、合計所得金額が600万円以上の方
基準額×2.00
124,800円
 
(*1)「課税年金収入額」とは、税法上課税対象の収入となる公的年金等(国民年金、厚生年金、共済年金などで、障害年金や遺族年金は非課税のため含みません。)をいいます。
(*2) 「合計所得金額」とは、収入額から公的年金等控除額、給与所得控除額、必要経費などを引いた金額です。(医療費、社会保険料、扶養等の控除額を差し引く前の金額です。)               
(*3)「老齢福祉年金」明治44年4月1日以前に生まれた方、または大正5年4月1日以前に生まれた方が受けている年金。
   
 みなさんから納めていただく保険料は、介護保険を運営するための大切な財源となります。
納め忘れのないよう必ず納付期限内に納めてください。
 

  
お問い合わせ先
市役所 介護保険課
保険給付グループ
TEL
0794-82-2000
E-mail

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.