更新日 : 10/25/2007
 
   危機管理課  課の新着情報 各課のページ 
 
○災害について話してみよう!


 ☆家族で防災対策を考えてみよう

  災害は、いつ起きるかわかりません。
 
  また、家族が一緒のときに起きるとはかぎりません。

  そんなときに、お互いの取るべき行動を日頃から家族で話し合っておくことが大切です。

  そうした話し合いのなかで、防災意識を高めていき、

  「わが家の防災対策」を考えていきましょう。

 
 □何をしよう?

  ・平時の予防対策の役割と災害時の役割の両方につて家族で担当を決めましょう。

  ・高齢者や病人、小さな子供がいる場合は、

   家庭や地域でどのように支援を行うかを決めておきましょう。

  ・家族ひとりひとりの役割分担を決めておくことが必要です。


 □身の回りは大丈夫?

  ・自宅の内外をチェックして危険な箇所を確認しておきましょう。

  ・放置できない危険箇所については、

   修理や補強の方法についても話し合いましょう。


 □お家の中は安全?

  ・家具の配置換え等で家の中で安全なスペースをつくれないか工夫する。

   また、家具の転倒や落下を防ぐ方法を考え、対策を図りましょう。


 □何が必要なの?
 
  ・三木市では『地域防災計画』において日頃から備えておくべき非常物資について

   下記のとおり定めています。

   【市民及び事業所】 1人3日分

   【  三 木 市  】 被災者の2日分

   【  兵 庫 県  】 被災者の1日分    

  ・家族構成を考えながら必要な品がそろっているかをチェックしましょう。

   また、定期的に新しいものと取替える必要があるもの

   (使用期限のある非常食・水・乾電池など)は,誰が行うかを決めておきましょう。
 

 □どのように?

  ・家族が離れ離れになったときの避難施設のある場所も話し合っておきましょう。

  ・避難コースの危険箇所についても話し合い、できれば休日などを利用し、
  
   散歩を兼ねてみんなでチェックを行いましょう。

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.