更新日 : 08/10/2012
 
   水道工務課  課の新着情報 各課のページ 
 
三木市水道事業の耐震化の取り組みについて
  
 水道施設は、市民生活や都市機能に欠かせないライフラインです。
 三木市水道事業では、地震などの災害時を想定し、断水等の影響を最小限にとどめ、安全な水を安定して供給するため、老朽施設等の更新や耐震化を図っています
 
 
●基幹配水池の耐震化と応急給水拠点の整備●
 
 
配水池(お客様に配る水を貯める施設)を計画的に耐震化。
(耐震診断・整備を計画的に実施しています。新規の配水池は全て耐震設計で施工)
 
応急給水拠点(緊急遮断弁・応急給水施設等)を配水池等の整備時に設置し、近隣お客様へのPRも兼ねた合同訓練も実施しています。
 
耐震化にあわせ応急給水拠点を設置した西部配水池給水拠点で周知を兼ね訓練実施 

 
●水道管の耐震化と配水区域間の連絡●
            (相互融通)
 
 

各配水区域間を連絡し水道水を相互融通し給水の安定を図ります。
(旧三木地区と旧吉川町の連絡、県水と自己水を有効に活用)
 
管路総延長(約690q)の1%の6〜7qを年間更新延長としています。
 
更新時に耐震管路として整備、年間約4qを目標にし、新しい耐震管
材料の採用も進めながら管路の耐震化に取り組んでいます。
 
隣接する神戸市とは、配水管を連絡し緊急時には、1日2000㎥まで
相互応援できるよう整備、合同訓練も実施しています。
 
平成27年度より小口径配水支管(φ50)の更新に耐震型高性能ポリエチレン管を採用しました。これを機会に、施行業者と共に我々水道職員も技術力向上のため耐震継手資格取得講習会に参加し技術の底上げを図りました。

 
耐震管路埋設状況

【トップページに戻る】【水道部のトップページへ戻る】
Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.