更新日 : 01/27/2004
 
   財政課  課の新着情報 各課のページ 
 

公的個人認証サービスについて
 
 
 
平成14年12月13日に「公的個人認証法」(「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」)が公布されたことを受け、平成16年1月29日に公的個人認証サービスが始まりました。
 
 
 
Q.公的個人認証サービスとは?
A.インターネットを通じ、申請・届出をするために、デジタル文書をだれが作ったのかを明らかにし、送信途中で改ざんされていないことを保証する電子証明書を公的に発行する制度です。
 住民基本台帳カードのICカード部分に3年間有効の電子証明書を登録することによって、インターネットを通じて様々な行政手続きに利用できる新しい住民サービスで、いわばインターネットにおける「印鑑証明」のような役割です。
したがって、この電子証明書を利用することによって、安心して自宅や職場のパソコンから行政機関へ電子申請や届出をすることが出来ます。

  
Q.どのような手続きに使えますか?
A.現在、国・都道府県・地方公共団体などにおいて電子証明書を利用した電子申請(オンライン申請など)ができます。

国は様々な手続きについて電子申請システムを構築し、運用しています。
  http://www.e-gov.go.jp/
 兵庫県は様々な手続きについて電子申請システムを構築し、運用しています。  
  http://sinsei.pref.hyogo.jp/guidance/system/

三木市は電子証明書を利用しない電子申請システムを運用しています。
  http://e-hyogo.elg-front.jp/navi/govTop.do?govCode=28215
  
 
Q.申請はどうしたらいいですか?
A.市役所市民課窓口に申請してください。申請者本人が、公的機関発行の写真付き身分証明書(運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カードなど)、住民基本台帳カード、手数料をお持ちください。また、窓口での申請手順は以下の順番で行います。

@

申請書に必要事項を記載する。

A

市民課 5番窓口に、申請書、本人確認書類及び住民基本台帳カードなどを提出する。

B

市民課窓口備え付けの装置により鍵ペアを生成する。

C

電子証明書発行手数料500円を支払う。

D

電子証明書が格納された住民基本台帳カード及び電子証明書の写しなどを受け取る。
 
Q.電子証明書を利用して電子申請を行うには?
A.電子証明書を利用して電子申請を行うためには下記のものが必要です。あらかじめ準備しておいてください。

@

電子証明書を登録した住民基本台帳カード。

A

インターネットと接続しているWINDOWS又はMACパソコン。

B

ICカードリーダライタを接続していること。
三木市の住民基本台帳カードに対応するICカードライタ

C

利用者クライアントソフトがインストール済みであること。ソフトは、下記ポータルサイトよりダウンロードしてください。


 
 
☆公的個人認証サービスについての兵庫県ホームページ
    http://web.pref.hyogo.jp/pref/cate3_617.html
 
☆公的個人認証サービスのポータルサイト
    http://www.jpki.go.jp/
 
☆関係各省庁の電子申請関連ホームページ
団体名
内容
 総務省電子申請・届出
 財務省電子申請システム
 国税庁国税電子申告・納税システム
 厚生労働省電子申請・届出システム
 経済産業省電子申請のご案内
 法務省オンライン申請システム
 農林水産省電子申請窓口
 環境省電子申請・届出窓口
 国土交通省オンライン申請システム
 文部科学省オンライン申請システム
 外務省受付窓口のご案内
  


◆電子証明書の発行手続きについてのお問い合わせは、市民課までどうぞ。
   市民課        電話0794-82-2000  内線 2373
 
◆電子自治体、電子申請などのお問い合わせについては、企画財政課までどうぞ。
   企画財政課     電話0794-82-2000  内線 2123
 
  
 

【トップページに戻る】【各課のページに戻る】【課のページに戻る】
 

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.