更新日 : 09/05/2015
 
   堀光美術館  課の新着情報 各課のページ 
 
 
 
当館について
 
 
三木市立堀光美術館について
 
 三木市立堀光美術館は、金物の町三木において屈指の実業家となった故堀田光雄氏が多数のコレクションと建屋を三木市に寄贈されたことによって、1982年(昭和57年)7月2日に開館しました。
 堀田光雄氏は、昭和22年初の公選三木町長となり、戦後の三木の復興にも尽力されました。堀田氏のコレクションは40余年にわたり収集されてきましたが、数々の美術品を広く市民が鑑賞できるように提供し、美の歓びを分かちあいたいとの信念が美術館として実現しました。
 コレクションの幅は広く洋画、日本画、書、彫刻、陶芸から海外の工芸品にまで及んでいます。以後、多くの受贈館蔵品を加え、堀田氏の信念を受け継いでいます。

 
施設案内
  
  
 
 

設備
  
○車椅子(1台)を無料でお貸ししています(館内専用)。ご希望の方は事務室、または職員にお尋ねください。
 
○コインロッカーはございません。貴重品以外の大きなお荷物(ベビーカーなど)は、ご希望であれば、事務室でお預かりさせていただきます。
 
○エレベーター、授乳室はございません。ご了承ください。

○1階にお手洗い(男子、女子、多目的)がございます。
 
○事務所にて、図録・郷土の風景絵はがき・三木の歴史に関する書籍等販売しております。
 
 

鑑賞マナーについてのお願い
  
○館内での飲食および飲食物の持ち込みはご遠慮下さい。ペットボトルを持ち込む際は、鞄などにお入れ下さい。
 
○写真・ビデオ撮影はご遠慮ください。
 
○展示物保護のため、展示物および展示ケースに触れることはご遠慮ください。
 
○傘(折り畳み含む)は、鞄などに入れていただくか、入口の傘立をご利用ください。
 
○ペットを連れて入館することはできません。(盲導犬、介助犬のぞく)
 
※上記の事項は、展覧会によって変更することがあります。
 
 

堀光美術館インフォメーション
 
  



Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.