更新日 : 11/18/2002
 
   消防本部・消防署  課の新着情報 各課のページ 
 
いざというときに
TOP
部門別へ戻る
便利帖へ戻る
地震に備えて地域では <154>                   地震対策
    地震に備えて地域では
大地震の被害を最小限にするためにも、また災害からいち早く立ち直るためにも、地域ぐるみでの協力体制が欠かせません。また地域の自主防災組織に積極的に参加したり、組織のないところでは、町会などを中心に結成するようにしましょう。
    自主防災組織をつくろう
イザというとき、小グループや個人個人がバラバラに防災活動をしても、地域全体としての効果は期待できません。組織の力を最大限に発揮できる体制を整えるには、自主防災組織づくりが不可欠です。自主防災組織は、まちぐるみで行う防災活動の拠点となるもので、町会や自治会などの単位で、住民が自発的に結成することが望まれます。
    私たちのまちは私たちで守ろう
もし、私たちのまちに大災害が発生したら・・・電話の不通、道路事情の悪化、火災の延焼などにより都市機能は分断され、市町や防災機関による消火活動、救出救護などの防災活動が十分に果たせなくなることが考えられます。 このような事態から私たちが生き延びるためには、地域の協力体制が絶対不可欠となります。「私たちのまちは私たちで守る」という強い連帯意識をもって災害に負けないまちづくりを進めていきましょう。
    自主防災組織のつくり方
自主防災組織をつくり、活発に継続させていくためには、地域の実情にあった組織として結成することが重要です。そのためには、すでにある町会や自治会などの活動の一環として設置したり、新たにつくる場合でも、地域の各種団体やグループなどと協力し合って、整備していくことが望まれます。一つの目標に向けての連帯感がわき、防災活動を効果的に行える規模が最適です。
 また活動するにあたっては、活動の目的や組織構成、防災計画などを明確にしましょう。
1 組織の編成と任務分担
2 防災知識の普及
3 防災訓練の実施
4 情報の収集伝達
5 出火防止初期消火
6 救出・救護
7 避難誘導
8 給食・給水
9 防災資器材
お問い合わせ先
消防本部
TEL
0794-82-0119
E-mail

    

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.