更新日 : 09/29/2015
 
   金物資料館  課の新着情報 各課のページ 
 

  
三木市立金物資料館
 
 三木金物の発展は、三木市の歴史において重要な位置を占めており、市民の金物によせる関心と愛着心はきわめて強いものがあります。

 しかし、金物産業も時代の要請につれて伝統的手工業から、機械による生産方法に進み、古来から伝わる製法や金物製品等は散逸のおそれがあるため、これら貴重な資料を収集・保存する設備がかねてから切望されていました。

 そして、昭和49年8月、小林恒美氏から金物資料館建設資金として篤志が寄せられたのを契機に実現を見たのです。
 昭和51年に開館した金物資料館は、金物に関する貴重な資料、金物製品を保存、展示しています。古来から伝わる鍛冶製法や、職人さんが「かじやさん」と呼ばれていた時のことが、よく分かります。
 





  


 
2代目宮野鉄之助 作の本職用鋸が新たに寄贈されました!
 
・3代目宮野平次郎作の日本刀について

・兵庫県初!!「播州三木の鍛冶用具と製品」が登録有形民俗文化財に登録されました。

・宮野鉄之助の鋸について


・金物古式鍛錬について



 金物資料館では、皆様に三木の金物について興味を持っていただくため、定期的に特別展を開催しています。

特に毎年秋口には、金物まつり協賛イベントとして特別展を開催しています。

・平成29年度 特別展 「大工道具の歴史 第2章 〜鋸〜」
(平成29年10月24日〜12月3日 展示終了)
 
・平成28年度 特別展 「大工道具の歴史 第1章 〜鉋〜」
(平成28年10月25日〜12月4日 展示終了) 
 
・平成28年度 歴史資料館共催特別展「播州三木打刃物 伝統工芸士展」
(平成28年4月29日〜5月29日 展示終了)
 

・「金物のまち」三木市の歴史について

・唱歌「村のかじや」記念碑について

・金物神社について

・伝統的工芸品「播州三木打刃物」について


  
施設概要
鉄筋平屋建、校倉様式
所在地
〒673-0432 三木市上の丸町5番43号
交通のご案内
神戸電鉄「三木上の丸駅」徒歩5分

神姫バス「上の丸」徒歩5分

位置図
開館時間
午前10時〜午後5時
休 館 日
月曜日(祝日と重なるときはその翌日)
年末年始(12月29日から1月3日)
お問い合わせ
金物資料館  TEL 0794−83−1780

 *敷地内の出入の際に段差がありますので、車いすでお越しの際は、

  大変お手数をおかけしますが、ご連絡をいただきます様、よろしくお願いいたします。

  


 

【トップページに戻る】

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.