更新日 : 05/13/2008
 
   教育企画部 文化スポーツ振興課  課の新着情報 各課のページ 
 
法光寺 銅鐘(ほうこうじ どうしょう)
 
 鐘の銘文には播州三木郡吉河庄湯河山法光寺常住」鐘として、慶長6年(1601年)辛丑年12月2日に「奉鋳」されました。
 作風については、当時の鋳物師集団「姫路野里の鋳物師」の特徴が見られ、「藤原政雅家」、「平末次」という二人の記銘があります。保存状態も良く、当時の吉川の歴史を知る上で、貴重な資料となっています。

法光寺 銅鐘
(口径64.1cm、高さ112.6cm、竜頭高20.8cm 安土桃山時代)

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.