更新日 : 11/27/2014
 
   商工観光課  課の新着情報 各課のページ 
 

                                    

大河ドラマ軍師官兵衛ゆかりの地三木
  

 


竹中半兵衛イラスト
 平成25年3月27日(官報告示) 「三木城跡及び付城跡・土塁」が
                            国史跡に指定されました!
 
国史跡「三木城跡及び付城跡・土塁」

 三木市内では、現在も別所氏の居城「三木城」を取り囲むように、織田方の複数の「付城や土塁」が良好な状態で遺存しています。
 これらの遺跡群は、後に羽柴秀吉によって、鳥取城や備中高松城などでも行われる広範囲に堅固な包囲網を形成させる攻城戦の最初の事例であり、戦国期の合戦の過程や全容を具体的に把握する上で重要な史跡として、平成25年に国史跡として指定されました。
 
 ○別所方
           三木城跡(本丸・二の丸・鷹尾山城)
 
 ○織田方(羽柴方)
           付城跡 7カ所(本陣跡と三木城跡南側の付城跡)
           土 塁 8か所(三木城跡南側)
   
 

 
黒田官兵衛イラスト
   
 
   新着情報      日 時 / 場  所
  
 

   歴史ウォーク   日 時 / 場 所
平成27年度歴史ウォーク日程表(第3回以降)
   トピックス   日 時 
 三木市出身の作家、玉岡かおるさんが三木合戦を中心に描いた時代小説
   『虹、つどうべし』(幻冬舎)を出版!

   平成25年12月21日(土)には市役所に表敬訪問されました。
虹、つどうべし
 第7回歴史ウォークを開催しました。平成26年12月21日
 秀吉本陣跡現地説明会は、降雨が予想されたため中止となりました。平成26年12月20日
 第6回歴史ウォークを開催しました。平成26年11月23日
 三木平井山本陣跡ウォークを開催しました平成26年11月1・2日
 第5回歴史ウォークを開催しました。平成26年9月28日
 三木市民創作オペラ「三木合戦」が開催されました。平成26年9月7日
 第4回歴史ウォークを開催しました。平成26年8月24日
 夏休みこども歴史教室を開催しました。平成26年7月25日/8月1日
 竹中半兵衛公を偲ぶ歴史講演会を開催しました。平成26年7月13日
 竹中半兵衛公435回忌法要を行ないました。平成26年7月13日
 第3回歴史ウォークを開催しました平成26年6月29日
 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」紀行2度目の放送されました。平成26年6月1日  
 別所公春まつりが開催されました。平成26年 5月5日 /三木城跡周辺
 秀吉本陣跡大茶会を開催しました。平成26年4月27日 /秀吉本陣跡遊歩道階段下(土取場跡)
 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」紀行が放送されました。平成26年4月27日
 第2回歴史ウォークを開催しました。平成26年4月27日
 NHK総合テレビ「土曜スタジオパークin兵庫」

   NHK神戸放送局と三木市で「土曜スタジオパークin兵庫」の
                               公開生放送が開催されました。
   ゲストには大河ドラマ「軍師官兵衛」主演の岡田准一さん
             官兵衛の妻 光〔てる〕役の中谷美紀さんがこられました。
平成26年4月12日 /三木市文化会館 大ホール
 第1回歴史ウォークを開催しました。平成26年4月17日 /史跡見学会(国史跡)這田村法界寺山ノ上付城跡コース
 三木合戦ゆかりの地「三木」オリジナルスタジアムジャンパー限定販売中
 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」関連資料を展示中! 三木市役所3階プロムナード ・ 旧玉置家住宅 
 秀吉本陣跡現地説明会を開催しました。平成26年3月29日 /秀吉本陣跡
 国史跡指定シンポジウム『三木合戦を知る』・国史跡指定記念ウォーキングを開
 催しました。
平成25年12月7日
 三木金物まつりで謎解きまちめぐりを開催しました。平成25年11月2・3日
 小野三木ツーデーウォーク「三木城跡及び付城跡・土塁の国史跡を巡るコース」を
  開催しました。
平成25年10月20日
 

 
  三木合戦と秀吉の2人の軍師 黒田官兵衛と竹中半兵衛
 三木合戦とは、天正6年(1578)3月から天正8年1月17日までの、1年10ヶ月にわたる織田氏と別所氏との合戦をいいます。
 天正5年9月、天下統一を目指す織田信長は、部将羽柴秀吉に中国地方の毛利攻めを命じます。この時、別所長治も織田方について羽柴秀吉に協力することを約束しますが、翌年2月での加古川会談で秀吉との意見の食い違いを理由に、毛利方に味方したことから信長が激怒し、秀吉に三木城攻めを命じたのが始まりです。
 
  三木合戦の様子
  羽柴(豊臣)秀吉と三木
  竹中半兵衛と秀吉
  黒田官兵衛と秀吉
 
三 木 城 関 係 年 表
15世紀後半別所則治が三木城を築城。
1570頃別所長治が三木城主となる。 
1577 天正5年織田信長が部将羽柴秀吉に中国地方の毛利攻めを命ずる。
1578 天正6年長治、加古川会談で秀吉との意見の食い違いから毛利方につく。
三木合戦が始まる。(3月)
1579 天正7年竹中半兵衛が病死。(6月)
平田大村の合戦で、谷大膳が戦死し、淡河弾正が自害。(9月)
1580 天正8年別所長治ら別所氏一族が自害し、三木城が開城。(1月)
三木合戦が終結。その後秀吉の城代が三木城に入る。
1585 天正13年中川秀政が三木城主となる。以後、秀成と続く。
1600 慶長5年池田輝政の姫路入封に伴い、家老の伊木忠次が三木城主となる。以後、忠繁と続く。
1615 元和元年一国一城令で廃城となる。
 
三木合戦鳥瞰模型図

 
 大河ドラマゆかりの地マップ(Google マップが開きます。)

 今も名所旧跡が数多く残る三木市は、歴史文化に包まれた町並みと歴史文化が薫る町として歴史の面影を伝えています。
 
※QRコードを読み取ると Google マップ が開きます。
 ただし機種によっては、画像などが表示されない場合があります。

 
 

 
  湯の山街道
 平安時代、姫路から三木を経由して有馬の湯に通じる道が整備されだし、山陽道を補う街道としても利用されていました。戦国時代に入り、この有馬の湯を知った秀吉は、三木合戦の最中、兵卒のけが人に対して、この有馬の湯を汲んできて、安福田の野風呂で療養されたとも伝えられており、軍師の竹中半兵衛が病気療養のため、この湯の山街道を通ったことは有名です。
               
  
      QRコード
湯の山街道図
 
  大河ドラマゆかりの地 一覧 (※赤字は国史跡指定)
 @三木城跡 A金物資料館 B別所長治公首塚(雲龍寺)
 C本要寺 D本長寺 E秀吉本陣跡(平井山ノ上付城跡)
 F竹中半兵衛の墓 G栄運寺 H淡河弾正の墓
 I谷大膳の墓 J別所家霊廟(法界寺) K這田村法界寺山ノ上付城跡
 L慈眼寺山城跡 M高木大塚城跡 N明石道峯構付城跡
 O高木大山付城跡 Pシクノ谷峯構付城跡 Q小林八幡神社付城跡
 R衣笠城跡 S渡瀬城跡  湯の山街道
  
  三木合戦にまつわる伝統行事
開 催 日
行 事 名
場  所
1月17日
4月17日
5月 5日
7月18日
12月 8日
 本長寺
 
  関連パンフレット等ご紹介
三木合戦物語
三木合戦物語(無料)
街道をゆく
街道をゆく(無料)
みっきぃ観光ガイド
みっきぃ観光ガイド(無料)
三木合戦を知る
三木合戦を知る(有料 500円)
 
                           
 
  三木市観光情報
 
 
  三木市までのアクセス

 
 
 
 
 
  
  お  問  合  せ

       三木市産業環境部観光振興課  
       三木市教育委員会教育部文化スポーツ振興課
       
       〒673-0492 三木市上の丸町10-30 
         (TEL) 0794-82-2000(代)
        
   

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.