更新日 : 05/01/2017
 
   秘書課  課の新着情報 各課のページ 
 

“いらっしゃいませ 市長のふれあいページへ!”

 

 

 

 

 

 

 
 

 



 
 
                                                        
あいさつ

3つのプロジェクトを総合的戦略として推進
  
〜将来の三木市の生き残り実現へ〜
  
            バックナンバーはこちらから
   
 風薫る新緑の5月となりました。
 さて、三木市では「三木市創生計画」に基づき、人口減少に歯止めをかけるべく総合戦略を定め、各分野においてプロジェクトを展開しています。日本全体の人口が減少していく中、それに向けた対策は待ったなし。
 食べ物に「旬」があるように、戦略においては「時の利」を失すると勝負には勝てません。まちづくりにおいても同じことが言えます。
 今後も引き続き少子高齢化が進み、これに伴って市税収入が減少していきます。市の財政力がある今こそが、若い世代の流入を促進するとともに、高齢者が生涯にわたって活躍できるための「未来への投資」を行うチャンスです。
 ごみ処理の民間委託は、民間活力を活用してごみ発生量の変化に応じた処理ができるものであり、時代が要請する新しいシステムであり先進的な取り組みです。
 大型集客施設の整備は、兵庫県内で1、2を競う大型直売所を整備し、山陽自動車道の利用者を呼び込むとともに、市街地への新たな人の流れを起こしまちのにぎわいを創出するものです。
 生涯活躍のまち構想は、市全体において、多世代共生社会を実現するものであり、まずは緑が丘をモデルとして取り組みます。あわせて、神戸電鉄粟生線の存続にもつなげてまいります。
 市長就任以来、蒔き続けてきた将来の種がようやく実を結び、子どもの数が減少から増加に転じた今こそ、まちに新しい活力を注入すべく3つのプロジェクトに果敢にチャレンジする時機です。これらのプロジェクトを総合的な戦略として推進し、将来の三木市の生き残りを実現してまいります。
      
 
            平成29年5月1日
                三木市長 藪本 吉秀

  

 

 

フォト日記

市長のフォト日記はこちら 

 

トピックス
●平成29年度 施政方針

 
 

Copyright(c)1996-. Miki city. All rights reserved.